お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年03月26日

花粉症、ストレスと疲労回復について

シーズンですね。


『花粉症』


私もとうとう今年からデビューです。
先日、近くのアレルギー科のお医者さまに診てもらったところ、見事に診断されました。

朝夕の薬服用と点眼。

特に目のかゆみが強いので、普段のコンタクトができなくなってしまいました…。


まあ、花粉症の情報については多く出回っているので、特には触れません。

ただ、都会や日本に特有の症状であることや、原因としてストレスなども含まれるようなものである以上、社会人としての生活習慣も見直す必要があるのかもしれませんね。


花粉症で悩んでいる方が、海外出張をして戻ってきたら、治っていたという話もあります。
また、杉林に囲まれた地方で暮らしている方々がひどい花粉症で悩んでいるかといえば、そうでもないようです。

コンクリートや車両の多さなども要因と言われていますが、やはりストレスや疲労の蓄積が大きな要素だと痛感します。


ストレスと疲労はあらゆる病気の元凶になります。


なるべくストレスを貯めないように、個々で発散方法を見つけておくのも良いでしょう。
また、疲労回復にはやはり『睡眠』が基本です。

しっかりとした睡眠をとり、体と脳を休めましょう。
そして、定期的な運動や趣味などで心を落ち着かせ、何も考えずにリラックスすることも大切。

都会暮らしは、歩くことだけでもストレスになります。

アスファルトの跳ね返り、縦横無尽に向かってくる人波、履いているだけで負担になるハイヒール、所々に点在する段差、デザイン重視の滑りやすい床…などなど。


ストレスや疲労が蓄積してくることは、ある意味避けることができません。
それらを上手く発散し、疲労回復の手段を実践してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私のストレス発散法は『釣り』と『バンド』ですね。
疲労回復のために心がけていることは、『しっかり食べる』です。


まあ、本能の赴くままともいえますが…。





posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

マスクについて

タイムリーな話題をひとつ。

このところ、マスクをつけている方を良く見かけますよね。
そんな私もマスクの常用者です…。


様々な形や材質のものが売られています。
いかにして花粉や微細なウィルスをシャットアウトすることができるか。

そこにアピールポイントが絞られているように思います。

ただ、マスクにリップのイラストが描かれているものや、文字がコメントとして書かれているものも最近は売られています。

馴染みが無いせいか、周りの人たちはちょっと引いてしまいますが、オシャレなマスクが流行してもいいですよね。

ギャグ系だけでなく、色とりどりのカラーを選べたり、ものすごい軽い材質のもの、逆に見た目からガードしてくれそうな重厚なもの、場合によっては広告としても使えるかも…。



ところで、今の季節で気になるのは


『花粉症』


ですよね。
マスクを着用することで、花粉の侵入を防ぎ、アレルギーの発生を抑えることができます。

また、メガネやゴーグルと併用することで、より高い防衛手段として相乗効果を期待できます。

また、風邪』でマスクを着用している方ももちろんいらっしゃることでしょう。
ちなみに、私は風邪をひかないためにマスクをしています。


風邪のウィルスは飛沫感染や経口感染になります。
手のひらや指先などに付着したウィルスを、無意識のうちに鼻の粘膜や食物に付着させ、それを体内に取り込んでしまうことで感染してしまいます。

そうです。マスクはその付着を防ぎます。
要するに鼻や口を直接触らないようにするためですね。


風邪のウィルスは日常のいたる所に存在します。
「手洗い」と「うがい」が大切なのもそこからきてますね。

マスクといえば「他人に風邪をうつさないため」と認識されている方も多いと思います。
もちろん、その用途はあるのですが、主たる目的は上記のような感染の防御にあります。

また、風邪をひいてしまった場合に、治癒を妨げる要素が『乾燥』です。

マスクをつけることによって、自らの呼吸で適度な湿度が保たれ、乾燥を防ぐことができます。

さらに、冬場であれば、「あたたかい」というのもマスクの効能です。
意外と防寒グッズとしても使えるものですね。

メガネは曇ってしまいますが…。



と、マスクについて思いつくまま書いてしまいましたが、マスクをつけることでの煩わしさ以上に、効果は高いと思います。

最近、マスクを着用している方が増えているのは、そのような認識がある程度浸透してきた結果なのかもしれません。

ただ、満員電車内で風邪をこじらせている人に限って、マスク無しで大きな咳を繰り返しているのは勘弁して欲しいものです…。


意外に健康な人ほどマスクをしているのかもしれませんね…。



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

自分が体調を崩してしまった場合

実はこのところ、私自身が体調不良により、欠勤や途中退社が続いています。


風邪が内臓に影響したもの。
高熱はありませんが、常に頭がボーッとしている状態です。

特に暖房がダメですね。頭痛が増します…。


私自身の戒めでもありますが、

「体調管理も仕事のうち」

という言葉はとても大切ですね。


そして、たとえ体調不良に陥ったとしても、最小限の程度に抑える。
そうすることで、周りへの影響も最小限になります。

とはいえ、仕事場に出ると気が張ってくる関係からか、つい笑顔で対応して反射的に身体が動いてしまいます。
おそらくお客さまからすれば、いつもと変わらないように映ったでしょう。

しかし、一旦現場から下がると、ぐったり来てしまいます。
挙句の果て、スタッフから気を遣われる始末…。


今日も早い段階で切り上げ、体調の回復に努めました。
おかげさまで、ほぼ回復。
明日からは大丈夫でしょう。

人間ですから、完璧な状態維持は難しいと思います。
ただ、自己管理の甘さを痛感しました。情けないです…。

まだまだですね(^-^;)
明日以降、自らを鼓舞し続けて、盛り上げていきたいと思います。



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。