お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年12月22日

自店のルールづくりをしっかりと

「ルールづくり」

といっても、ピンとこないと思います。


例えば、営業時間やサービス内容、メニューの料金、勤務時間など…。
お店にはさまざまな要素の「ルール」が存在することに気づくはずです。

お店を運営するにあたって、このルールづくりにはとても苦労することと思います。


特にお客さまにまつわる要素ならば、一旦決めたルールを頻繁に変更することはできません。

混乱を招く可能性がありますし、なによりもお店としての信頼が損なわれてしまいます…。


そうならないように、あらかじめルールを決めるときは、お客さまや地域のニーズなどを徹底して調査し、あらゆる角度から分析する必要があります。

例えば営業時間であれば、ビジネス街と住宅地の立地で変わってきますし、メニュー内容もお客さま層によってはニーズが異なります。



また、よくキャンペーンなどで割引サービスなどを実施しますが、その際のルールにもブレがあってはいけません。

人によってサービス内容が違う、ということは不信感につながります。


もちろん、ガチガチのルールをつくる必要もないでしょう。
ある程度の「逃げ道」を用意しておくこともお勧めです。

サービスなどでルールを明記するとき、一文の最後に、「あくまでも現時点でのサービスです。状況によっては変更する可能性もございますので、あらかじめご了承ください」と添えるだけでも、簡単な修正に対しての障壁は少なくなりますよね。


また、対象などを明記する場合、最後の項目として、「その他」と加えると、曖昧ですがいざというときの「逃げ」に使うことができます。

でも、但し書きや逃げ道は多く露出すると、かえって不信感にもつながりますので、ほどほどに…というところでしょう。



そして、忘れてはならないことは「スタッフへのルールづくり」です。
より詳しくは別の機会に触れますが、お店の重要なキーになるのは、やはり「人の力」です。

採用や契約時において、お店のルールを明示することは義務です。
そして、そのルールに反した労働条件を与えることは義務違反になります。


労働時間、休憩時間、備品使用法、出勤ルート、個人情報の取扱いなど…。


きちんとした労働条件を含めた就業規則の作成などは、社会保険労務士などの専門家にお願いするのがベストですが、仕事上の簡単なルールなどもお店としては、あらかじめ決めておく必要があります。

しっかりとしたルールづくりは、地道で時間のかかる調査と、お店としての方針、そして心配りなどでじっくりと検討していきましょう。



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ マネジメント術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

上下関係について

「その仕事は下の人間にやらせておけ」



現場でよく聞かれる言葉です。

さて、ここで「下の人間」とは誰を指すのでしょう?


・新入社員
・年齢が若い社員
・経験が浅い社員
・アルバイトスタッフ
・パートスタッフ


など、一般的にはこのような解釈になるのではないでしょうか。

そうすると、その逆は「上の人間」ということになりますよね。


・中堅、ベテラン社員
・年配の社員
・勤務経験が長い社員
・正社員
・役職


などなど…。


これら「上下の人間関係」に、いつも疑問を感じます。


「上の発言だから尊重しよう」
「下っ端がやることだから」
「上に報告しないと」
「それが下からの言葉か」
「いつまで経ってもいちばん下だ」


確かに、上司という存在があって仕事の統率を行っています。
優れた上司の下では、仕事もはかどり、良好な人間関係を築くことができるでしょう。

職場環境の構築において、仕事やさまざまな経験による、意識の持たせ方はある程度必要です。



私は、なるべく「下の人間」「下の意見を聞く」などの言葉は、使わないようにしています。



言われた本人からすれば、相手は「上の人間」になり、そこで支配的関係が生まれます。


もちろん、人によっては、そう呼ばれることでモチベーションを保ち、のし上がってくるエネルギーにする場合もあるでしょう。

また、そのような関係を上手く利用することによって、統率をはかり円滑な業務の遂行を進めることができます。
未然に防げるトラブルも、あるかもしれません。


新入社員でも、優れた意見を述べる人もいます。
また、パートスタッフの方から学ぶ点も、非常に多いものです。


そういった人たちが、なるべく本音の発言ができるよう、また活発な意見交換ができるように、環境作りをしたいと考えています。

もちろん、ある程度の線引きは必要ですよね。
「自由奔放」とは全く異なります。



単なる言葉尻ではなく、そのような点からも職場環境作りが見えてくるのかもしれません。

店舗や組織を管理する立場として、一つの考え方になるのではないでしょうか。



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ マネジメント術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ルーヴル美術館の裏方

『パリ・ルーヴル美術館の秘密』


という映画を見ました。
少し前のものですが、ルーヴル美術館の裏方にはじめてカメラが入り、1200人に及ぶスタッフの働く姿をまとめた、長編ドキュメンタリーです。

苦手な方には、退屈この上ない作品かもしれませんが…(>_<)


BGMもほとんどなく、セリフもほとんどありません。
登場人物はスタッフのみなので、オジサンとかばかり…。

でも、1週間かけても回りきれないといわれる美術館の裏方で、何が行われているのか、非常に興味深く観ることができました。

主に、リニューアル後の開館に向けての準備でしたが、さすがに扱うものが世界的な美術品ばかりなので、スタッフも熟練の職人ばかり。


○ 学芸員
○ 清掃スタッフ
○ 郵便配達係
○ 音響調査員
○ 作品修復係
○ 作品リスト保管係
○ 接客フロア担当
○ 額縁修復係
○ 作品展示スタッフ
○ 作品説明プレート作成職人
○ 写真家
○ 照明係
○ 消防係
○ 救命救急担当
○ 警備員
○ 在庫美術品管理担当
○ 美術品買取スタッフ
○ 料理人


などなど…。
他にもっともっといるのでしょうが、「え!?そんなことも?」という仕事をしている風景は、世界の美術館ならでは。


一点がものすごい金額の美術品を、フォークリフトで運んだり、2人の職人さんが「よいしょっ」て感じで無造作に運ぶ様子は、見ているほうがハラハラします…。

ただ、熟練の職人さんたちがそうしているということは、長年の経験の中で、それが一番安全でかつスピーディな方法なのでしょうね。


特に展示のレイアウトについては、ルーヴル美術館ならではのこだわりがあり、何十万点もある所蔵品をなるべく多く展示し、来館者を飽きさせないようにしているそうです。

ちょうど、ドン・キホーテの圧縮陳列に近いものがあるのかもしれませんね。
微妙に意味合いが違うかもしれませんが…(>_<)

1時間半の時間では、広範囲に表面的な紹介程度になっていますが、裏方を映したものとしては、とても貴重だそうです。


美術品を素手で気軽に扱っていたり、掃除機で「ガーーーーッ」って直接作品を掃除したり、立派な額縁入りの絵画を片手に一つずつ持って歩いていたり、普通に歩いている通路の脇に、教科書にも載っているような有名な彫刻があったり…。

意外と裏方を見てしまうと、面白い反面、ちょっと残念な部分もあったりするものですよね。


私が働いていた、ディズニーランドやアミューズメント施設などもそうかもしれませんが…。

まあ、訪れたお客さまをオモテ面でいかにもてなすか、といった目的のための裏方ですからね。
そのような人たちがいるからこそ、お客さまは楽しむことができ、夢を見ることができるのです(^-^)




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ マネジメント術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。