お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年10月29日

とある保育園にて

こんな出来事がありました。



私はいま、子供を保育園に預けています。

月謝、高いですね〜(>_<)


とはいえ、大きな住宅地でもあるので、自治体が教育には力を入れていて、この地域には学校や幼稚園、保育園などはものすごい数が集まっています。

で、ウチの保育園。


必ず、毎日の出来事をデジカメで撮って、コメント付きで掲示しています

親は、この壁一面の写真を見て、今日一日何があったのか、どこに行ったのかが手に取るように分かります。


「楽しそう」だったかどうかも…。


たまに、写真の表情が暗かったりするので、先生に聞いてみると、「○○くんとケンカした」とか、「お昼寝前からずっと泣いていた」とかだったりします。

他の保育園がどのようなものなのか、分かりませんが、一日起こったことをとても細かく見ていてくれています。


もちろん、体調不良などがあった場合には、有無をいわさず携帯に電話かかってきますが。



少し前に、保育園での事故がニュースになりましたよね。

とても哀しく見てました。
子供は何も訴えることができないですからね。



「管理監督責任」



という言葉は、簡単に使われていますが、その重みを理解して欲しいものだと思います。


親が働いている間、何が起こるかは本当に分かりません。
全ての学校や保育園に、その可能性があります。

預けっぱなしで終わるのではなく、日頃からコミュニケーションを取り、よい関係を構築していく必要があるのだと思います。


今日も迎えに行きました。
子供は帰りたがらずに、泣き続けていました…(T_T)

少し前までは、朝に全く逆の「泣き」で困りはてましたが…。


それにしても、保育園の先生方、保育士の方々はプロですね。
「親」と「子供」が満足するラインを心得ていらっしゃいます。

 
保育園も立派なサービス業。

こんなところにも、何かのヒントがあるはずです。


posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感心』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

とあるショッピングモールにて

どうぶつシール

とある大型ショッピングモールの一コマです。

写真では分かりづらいですが、『どうぶつシール』とあります。


用途は、シール自体に名前などを記入し、それをお子さまに直接貼り付けることで、万が一迷子になったときに身元が確認できる、というものです。

サービスカウンターに行きシールをもらうと、名前などの記入をしたのち、その部分にはがせるシールを上から貼り付け、表からは記入内容が分からない仕組みになっています。


もし、迷子になった場合には、シールのふさいである部分を剥がすことで、名前と住所、連絡先が分かる仕組みになっています。

休日はかなりの人数で賑わう、ショッピングモールならではのサービスでしょう。

デザインも可愛らしく、お子さまが洋服に貼ることを拒むことなく、むしろ楽しんでいる様子も見受けられました。


ただ、シールの配布場所が1箇所しかなく、パンフレットなどでの案内でシールの存在を知っていても、中央のサービスカウンターまで足を運ばなければなりません。

かなり広い面積であれば、あと数ヶ所の配布場所が欲しいものです。

また、個人情報保護の観点から言えば、いささか不安でもあります。

この「どうぶつシール」は個人情報です。
ご両親にとってみれば、お子さまの安否とともに、シールの「安否」も確認しなければなりませんね…。




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感心』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

都内のとある病院の一コマ

病院内のカフェ

どこかのホテルのロビーでしょうか。

いえ、違います。総合病院です。

先日、息子が入院してお世話になった病院。
ここはサービス面ではとても徹底していて、感心させられることも多くありました。


まず、先生や看護師さんが親切


あたりまえのようですが、あたりまえでは無いのも事実ですよね。
毎日の回診でも、とてもよく話しかけてくれ、ひとりひとりにかける時間をしっかり取ってくれます

病院食については、他とさほど変わりませんが(こればかりは、たとえゴージャスにしてもあまり意味ありませんが…)、食事を摂る摂らないの気配りが、とても細かく行き届いています。

あとはPOPや案内板などの表記が的確で、数多く掲示すれば大丈夫というものではない点を実践していました。


話はそれましたが、上記の写真です。
受付横にカフェが入っています。

もちろん、患者さんも使えますが、来院した一般の人が時間を使うのにとても有効に利用できます。

この病院では一通りの生活ができるよう、あらゆるジャンルのお店が入っています。
喫茶店や食堂などは一般的に多く見かけますが、チェーンのカフェが入っているのに驚いて、思わず写真を撮ってしまいました。


今後はこのような病院も増えるのでしょうが、表面的な設備のサービスではなく、患者さんに対して心からケアをしてくれるきめ細かいサービスを忘れてほしくないですね。





posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感心』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。