お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年11月20日

とあるショッピングモールにて

インターホン

『従業員呼出インターホン』

とあります。


ここは、かなり大型のショッピングモールで、入口の数も多く、当然お客さまの数もハンパじゃありません。
土日の混みようといったら…。


1994年にハートビル法が施行され、日本の各種施設にも、バリアフリーやユニバーサルデザインの意識が飛躍的に高まりました。

大型集客施設では、通路幅や出入口幅、エレベーターの大きさや駐車場の区画など、細かい規定が定められています。

もちろん、税制面などの優遇措置があるためですが、企業イメージとしても大変に大きなメリットがあります。
(法律の詳細などは、専門書やサイトなどを参照ください)


さらに、設備や設計上のバリアフリーだけではなく、看板やPOPの設置、従業員の意識やサービスなど、図面には表れない要素が非常に大切になります。

上記の写真では、身体が不自由なお客さまがインターホンを押すことで、付き添いの従業員が飛んできてくれる仕組みになっています。

もちろん、頻繁に呼び出されることもないとは思いますが、何よりも最優先の実施項目として、教育されているはずです。



また、このようなシステムの導入による、従業員意識の向上が何よりメリットでしょう。



「バリアフリー」という面だけではなく、大勢のお客さまへの意識を常にもち、不具合はないか、ご迷惑をかけてはいないか、などを自然と意識できるようにもなります。


近年、大型店舗では余裕のある設計のもと、過ごしやすい環境作りが徹底されてきています。

そして、そんな環境の中で働く従業員は、モチベーションも向上し、サービスへの意識も高まるのではないでしょうか。


全てとは限りませんが…(^-^;)

上の写真のようなサービスを、どんどん浸透していってもらいたいものです。
そして、ひとりひとりが抵抗なく手を差し伸べられる社会になって欲しいですね…。



…で、話変わりますが、


「従業員呼出インターホン」って言葉、


「呼び出し」


じゃダメなんですかね?

看板やPOPなどの掲示物で、たまに気になります。
送り仮名とか、習ったとおりでなかったり…(>_<)



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感動』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるショッピングモールにて

インターホン

『従業員呼出インターホン』

とあります。


ここは、かなり大型のショッピングモールで、入口の数も多く、当然お客さまの数もハンパじゃありません。
土日の混みようといったら…。


1994年にハートビル法が施行され、日本の各種施設にも、バリアフリーやユニバーサルデザインの意識が飛躍的に高まりました。

大型集客施設では、通路幅や出入口幅、エレベーターの大きさや駐車場の区画など、細かい規定が定められています。

もちろん、税制面などの優遇措置があるためですが、企業イメージとしても大変に大きなメリットがあります。
(法律の詳細などは、専門書やサイトなどを参照ください)


さらに、設備や設計上のバリアフリーだけではなく、看板やPOPの設置、従業員の意識やサービスなど、図面には表れない要素が非常に大切になります。

上記の写真では、身体が不自由なお客さまがインターホンを押すことで、付き添いの従業員が飛んできてくれる仕組みになっています。

もちろん、頻繁に呼び出されることもないとは思いますが、何よりも最優先の実施項目として、教育されているはずです。



また、このようなシステムの導入による、従業員意識の向上が何よりメリットでしょう。



「バリアフリー」という面だけではなく、大勢のお客さまへの意識を常にもち、不具合はないか、ご迷惑をかけてはいないか、などを自然と意識できるようにもなります。


近年、大型店舗では余裕のある設計のもと、過ごしやすい環境作りが徹底されてきています。

そして、そんな環境の中で働く従業員は、モチベーションも向上し、サービスへの意識も高まるのではないでしょうか。


全てとは限りませんが…(^-^;)

上の写真のようなサービスを、どんどん浸透していってもらいたいものです。
そして、ひとりひとりが抵抗なく手を差し伸べられる社会になって欲しいですね…。



…で、話変わりますが、


「従業員呼出インターホン」って言葉、


「呼び出し」


じゃダメなんですかね?

看板やPOPなどの掲示物で、たまに気になります。
送り仮名とか、習ったとおりでなかったり…(>_<)




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感動』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

とあるお弁当屋さん

しばらく前の出来事です。



以前、私はとあるアミューズメント施設にて勤務していました。

業務内容は、接客・サービス、カウンター業務、清掃、販促、景品管理、集金、金銭管理、機材搬入、メダル回収など…。

まあ、考えられるほぼ全ての仕事は、担当しました。
その期間で学んだことは、今でも大いに役立っています。


そのころの話。
私たちスタッフは、昼食によく宅配のお弁当を利用していました。

とはいえ、本来は宅配サービスを行っておらず、もともとは私たち自身がオーダーを決めて電話で注文したうえで、車で買いに出かけていたものです。
 
ほぼ毎日、そして大量に。
さすがに数ヶ月経ったころ、お店の店主らしき人が、いろいろと気をつかってくれるようになりました。


割引券や、ちょっとした単品のサービスなど…。
で、ある日いつものように車で買いに向かったとき。


店主「いつもありがとうね」

私「いえ、こちらこそ助かってます。休憩も限られるんで、お弁当が一番ですよ」


接客・サービス業の方ならば、分かると思いますが、休憩や食事の時間は不規則で、食事も急いでとることもしばしば…。

短時間で食べることができ、しかも残しても後で食べられる、お弁当が重宝しますよね。


店主「こんどから、配達行きますよ」

私「え!?いいですよ。お昼、忙しいじゃないですか」

店主「でも、お客さんたちは時間ずれてるから」


そうです。
私たちの「お昼」とは、14時とか15時だったりします。
飲食店のピークには当たりませんでした。


…で、結局その翌週から、なんと配達に来てくれることになったのです!!
小さいお弁当屋さんで、従業員も1人か2人。
そもそも、そんなシステムなかったんですが…。

そして、私たちはあたたかいお弁当を、食べたいときに配達していただき、まさに「おいしく」食べることができるようになったのです(^▽^)




サービスレベル評価(最大☆5つ)
     かわいいかわいいかわいい

規模の小さいお店は、小回りがききます。
サービス面では、お客さまのニーズを嗅ぎとり、さまざまな試行錯誤を繰り返すべきでしょう。


ただ、仕組みがないところから、新しいサービスを提供することは、とても勇気が必要です。
ましてや、配達となると、人件費やガソリン代なども負担になります。

でも、この店主はサービスを選びました。

そうすると、購入する私たちも、「ついつい多く」注文してしまうものです(>_<)


「え!?とんでもない!」
と、お客さまが、恐縮してしまうくらいのサービス。
サプライズ+感謝。これは虜になりますよね。


その後、店主はひとつのビジネスチャンスとして、配達システムを広め、地域でそれとなく有名なお弁当屋さんになっていました…。

まあ、結果的にお弁当屋さんの戦略に、うまくハマった形になってしまいましたが(^-^;)





posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『感動』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。