お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2008年02月16日

とあるレンタルビデオ店

とあるレンタルビデオ店を訪れたときのこと…。



DVDやCDをレンタルするために、陳列棚を眺めていた私の耳に、ふと入ってきたスタッフの言葉…。

「はい、かしこまりました。少々お待ちください」


と、しばらくして陳列棚から1枚のDVDを探し出し、

「あ、ございました。お取り置きしておきますね。お名前は…」


そうです。
お客さまからの在庫問い合わせに対して、希望商品の取り置きをしているのです。

電話での申し込みや、新入荷の作品、予約した商品など、取り置きサービスを行っている店舗はきっと多く存在するでしょう。


私が驚いたのは、このレンタル最大手の店舗、おそらく商品点数にして1万点くらいはあるかと思われる(大げさ…?)中から、目当ての作品を探し出すそのスピード!!

もちろん、アルバイトスタッフとはいえ、入社後はひと通りのトレーニングを積み、商品の配置や作品名、サービスシステムなどを覚えていくでしょう。


作業はマニュアル通りだと思います。


しかし、そのスピードやムダの無いやり取りは、個々のスタッフの力量によるものも大きいと感じます。
受話器を持ち、お客さまと会話をしながら、陳列棚から作品を探す…。


ひとつひとつは単純作業であっても、それらが連動することで、とても高度なサービスになり得ます。


おそらく経験を積んだベテランスタッフや、店長クラスになると、もっと臨機応変な対応ができるのかもしれませんね。


お名前が常連さまであった場合には、簡単な会話など。
取り置きシステムの簡単な説明。
人気作品のオススメなど。


自店の商品知識と、身体に染み付いたスムーズな動き、そしてお客さまへの心配り。
一見すると、単純な作業に見えますが、結構高いレベルの仕事なのかもしれませんね…。



ちなみに、この店舗では以前にこんな光景も見かけました。


外国人のお客さま「(カタコトの日本語で)カ・テ・カはドコニアリマスカ?」

横で聞いていた私「…???…」

スタッフ「はい、少々お待ちください」


といって、1本のDVDを持ってきました。

「ゴシカ」

という、ホラー映画です。


外国人のお客さま「オウ!アリガトウ!」



というやり取りです。
「カ」しか合致していませんが、おそらくピンときたのでしょうね…。


すげ〜。


と素直に心の中で拍手したものです(^-^)
まさに熟練の成せる技ですかね。

若い人でしたが。



posted by さくらrock at 14:35| Comment(0) | ◆ 『感心』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。