お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2008年01月17日

巻き爪

このところ、急増中…。

『巻き爪』

です。


男女問わず、多くの方が悩んでいらっしゃいます。
足の爪がジンジンするかと思いきや、気が付くと爪の両脇が皮膚に食い込んでいる…(>_<)

そもそも、足に対する意識は薄くなりがちです。
一番遠い場所でもありますし、目に見えないところでもありますし。

ただ、だからこそより意識をしなければいけない場所なのです。


足に対する悩みは、従来女性が抱えるものだという認識でした。
ただ、靴や職場環境を含め、男性にも影響が及び、陰ながら悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

特に『巻き爪』というものは人にも相談しづらく、自分での対処法も不明ですので、結局は自己処理で悪化させてしまったり、気づいた頃には症状も進んでいることもしばしばあります。



ここで、巻き爪になる要素をまとめてみたいと思います。
これらの要素を把握し、あらかじめ意識していくことで、巻き爪の予防にもつなげることができます。


○ 深爪をしない

巻き爪の一番の要素です。
爪を深く切ってしまうと、爪の生え方に影響が及び、巻き爪になりやすくなります。

○ 幅の狭い靴やハイヒール

爪も皮膚の一部です。
外からの影響は少なからずあります。なるべく足に優しい靴を履くようにしましょう。

○ 体重の増加

足は全体重を支える、重要な役割を担っています。
爪は薄いもの。体重が大きいとそれだけ負荷が増え、巻き爪になりやすくなります。

○ 重心が偏るスポーツ

足の親指や一箇所に負荷が集中するようなスポーツは、巻き爪の要素となる可能性があります。
ただ、そのようなスポーツをしていないときに、足に優しい環境を作ってあげることで、ある程度の回避をすることが可能になります。

○ 遺伝的要素

爪というものは、本来平らなものではなく、ある程度のカーブがついているものです。
そのカーブの度合いが強いかどうかで、巻き爪になる要素も変化してきます。
遺伝的な要素や体質などでも、巻き爪になりやすい方もいらっしゃいます。

○ 爪白癬

一般的には「爪水虫」と呼ばれていますが、爪に水虫の菌が入ることによって、生え方に変化がでてきます。
爪自体が厚くなったり、もろくなったりするものですが、その影響で巻き爪になる方もいらっしゃいます。



…と、いうところですね。
一般的にはまだまだ認知度は低いですが、足爪のキワに鈍い痛みや、腫れが出てくるようであれば黄信号です。

まずは爪を伸ばすことを目標に、靴などの環境を意識してみてはいかがでしょうか。


特に、接客・サービス業であれば、日頃から立ちっぱなしなどで、足にかかる負担は大きいものがあります。
足のマッサージやフットケアなどで、定期的に労わってあげることも、たまには必要だと思います…。


posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。