お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年12月30日

ネームコール

「お客さまの名前を呼びましょう」

ということですね。


やはり、人は名前を覚えてもらうと嬉しく感じるものです。
特に、初めて行ったお店で再来店したときに覚えていてくれると、特別なものを感じますよね。


「こんにちは。○○さん。」
「ありがとうございます。○○さん。」
「○○さん、先日のお店はどうでしたか?」


などなど…。
声かけのパターンはお店やお客さまによって変わりますが、ちょっとしたきっかけをつかんで会話につなげるのも技術です。

もちろん業務上、名前をいただく場合とそうでない場合もあります。
特に名前が表に出ないようなケースでは、無理して聞くことはないでしょう。


近年では、個人情報の関係もあり、名前を名乗りたくない方も多くいらっしゃいます。


また、もし名前を確認したとしても、やみくもに使い過ぎないのも気配りです。
周囲に多くの人が存在する場合は、状況をみて控えたほうがいいかもしれませんね。


ここで、ポイントです。



○ 名前は正確に覚えること
 
名前を間違って呼ばれることには、誰もがいい気持ちがしないと思います。
特に、間違えやすい名前や特徴がつかみにくい名前は、ノートや名刺で管理するなりして、正確に覚えましょう。


○ できればフルネームで

私は、仕事柄フルネームで名前を伺います。予約時に、同姓同名などのミスを防ぐためです。
まあ、お呼びするときに、下の名前で呼ぶことはないと思いますが…。


○ 名前と一緒に特徴も

やはり、記憶というものはあいまいです。
名前はしっかりと覚えていたとしても、その場で何を話したのか、お客さまは何を購入したのか、再度ご来店くださったときに話をつなげる工夫をしましょう。



なかなか難しいかもしれませんが、できるだけ意識したいですね。


…とはいえ、慣れないうちはネームコールをすることに、抵抗もあるかと思います。
会話の中で少しずつ織り交ぜるようにして、流れの中で自然と名前が呼べるようになるといいですね。



ただ、「馴れ馴れしくする」というのとは、別です。


ネームコールは、お客さまとの距離を縮めるためのいち手段ですが、むやみに距離感を縮めるとかえって不快な要素になってしまいます。


適度な距離を保ちつつ、お客さまとの間にある壁を少しだけ取り除く、という意識ですね。


お店によって、アプローチも変わると思います。
少しづつ、工夫してみてはいかがでしょうか。



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ サービスの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。