お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2008年02月22日

お見送りについて

お店で勤務していると、お客さまのご来店からお見送りまで、接客の機会が訪れます。


ご来店の際は、「いらっしゃいませ」や「こんにちは」などの挨拶から入りますよね。

お客さまはスタッフと目を合わせ、店内の雰囲気を肌で感じるようになります。
(目を合わせない場合も多々ありますが…)


そしてお帰りの際は、「ありがとうございました」「お気をつけて」などの挨拶で送り出すことになりますよね。

お客さまはスタッフに背を向け、出口を出てお店をあとにします。


そこでお店のスタッフとしては、まだ店内にいるお客さまへの意識や、次に残された仕事への気持ちへスイッチが切り替わりますね。

できるだけ時間を無駄にしないように、多くの作業をこなしていきたいものです。


ただ、次の作業に移る際に、もう一度先ほどのお客さま側を見てみましょう。

もしかしたら、一旦お店のほうを振り返っているかもしれません。
スタッフの表情を、もういちど見たがっているかもしれません。
お店の名前を、今一度印象に残そうとしているかもしれません。

そんなお客さまの表情が見えたならば、もう一度軽く挨拶をしてみましょう。


きっとお客さまは驚くことと思います。
と同時に、強い印象を残すことになりますよね。


一旦お見送りを終えたお客さまへの意識を、少し長めに持ってみましょう。


建物の影から消えたかと思えば、ふと戻っていることもありますしね。

お店やスタッフに対して「良い印象」を持ったお客さまは、再度お店を振り返ったりするものです。
そんなときに、より強い印象を残して差し上げましょう。

場合によっては、その逆の表情が見えるときもあります。

笑顔で退店したお客さまが、お店から離れた途端に、表情が一変することも。
表面上は笑顔でも、どこかに不満足の要素があったのかもしれません。


そんな反省の機会をとらえることも可能になるのです。
少しだけ意識してみてはいかがでしょうか…。




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ サービスの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。