お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2008年01月04日

東京ディズニーシーにて

こんな出来事に出会いました。




私は家族でプライベートとして、純粋に「遊ぶ」ためにディズニーシーを訪れました。

実は、子供が誕生日だったのです。
別段、演出などは考えていなかったのですが、記念日ならではのサービスを尋ねるべく、舞浜駅からほど近い、インフォメーションセンターに立ち寄りました。


私「子供が誕生日なんですけど、何かサービスってありますか?」

キャスト「(子供に向かって)お誕生日おめでとう!!」
     「(私に向き直り)はい。記念品の贈呈などはございませんが、
      特定のレストランでは、お申し出によってバースデーケーキを
      お出しいたします。」

私「そうですか。ありがとうございます。」

キャスト「あと、こちらのシールをお子さまにぜひ貼ってください。
      『お誕生日の印』ですので、キャストが声かけてくれますよ。」


といい、名前入りのシールをくれたのです。



バースデーシール

すぐに、ミッキーの形にしたシールを洋服に貼り、エントランスへ向かいました。
 
すると、早速「○○ちゃん、お誕生日おめでとう!」と一人のキャストが声をかけてくれたのです。
それに呼応して、周りのキャストも同様に祝福してくれました。
 
突然のことに子供も一瞬動揺しましたが、嬉々として喜んでいました。
やっぱり、人に祝福されるのって嬉しいですからね(^-^)


そして、一日パークで過ごす間、ものすごい数のキャストに「おめでとう」の言葉をかけてもらったのです。
 
アトラクションやレストランの入口ではもちろんのこと、何気なくすれ違うキャストまで…。


何より嬉しかった出来事は、キャストに祝福される様子を見た、他のゲストの方々が一緒になって「ハッピーバースデー」を歌ってくれたこと。
さすがにちょっと恥ずかしかったですが、ディズニーならではの雰囲気と演出が成せる現象ではないでしょうか。



ショーやパレード、花火までも見て夜遅くに退出しましたが、出口で最後に出会ったキャストまでも「お誕生日おめでとう!」と声をかけてくれたのです。
 
自分の名前が書かれたシールを、初めは恥ずかしがっていた子供も、結局帰りの電車でも剥がすことを拒み、家路についたのでした…。




サービスレベル評価(最大☆5つ)
   かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


東京ディズニーリゾートでは、ファミリー層をターゲットにしたサービスを数多く展開していますが、思い出に残る記念日を演出する、とてもきめ細やかなアイデアではないでしょうか。
 
やはり、人に祝福されるのって、嬉しいものですよね。
 
特に、子供にとっては素敵な衣装を着たキャストから、笑顔で「おめでとう」と言ってもらえることは、夢のような心地に違いありません。
 
もちろん、初対面の人からいきなり名前を呼ばれるわけですから、初めは恥ずかしさととまどいがあるものの、それに慣れてくるとある種の心地よさになってきます。


今では、多くのお店で誕生日ならではのサービスを、提供していますね。
 
・誕生日記念品を贈呈
・従業員一同で歌を歌ってくれる
・記念写真を撮ってくれる
・バースデーケーキのプレゼント
・誕生日割引サービス
 
などなど…。
ここで、記念日のサービスとして大きな要素となるのは、


『サプライズ』


でしょう。
いかにして、当の本人が驚くような演出ができるか。
また、そのサービスを受けることによって喜び、思い出として記憶にとどめてくれるか。
 
さらに大切なことは、


『きっかけづくり』


です。
誕生日自体を知ることはもちろん、その演出をどこで仕掛けるのか、どのような形で祝福のタイミングを与えるのか。
 
もちろん、誕生日の把握は本人の申告がないと成立しません。
 
ただ、その入手を優先するために、あらゆる手段を駆使することも一長一短です。
個人情報の関係もありますからね。
かえって知って欲しくない、という人もいます。


一日で数万人以上の入場者があるディズニーでは、記念日などの情報は個々の申告に頼らざるを得ません。
 
そのかわり、演出の時期は「一日中」となり、タイミングは「いつ訪れるかわからない」ものとなるのです。


まさに『常に祝福される可能性がある』ということです。


また、素晴らしい点は、全てのキャストがその意識を心がけているところ。
 
サービスを受ける側から考えれば、多くのキャストから祝福された印象が強く残りますが、そのウラには常にそれを意識しているキャストの姿勢が存在します。
 
いかに徹底されているかが分かりますね。


子供が喜べば、ご家族も当然喜びます。
ファミリー層をターゲットとした、サービスの好例ではないでしょうか。







posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『無敵』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ディズニーシーにて

こんな出来事に出会いました。




私は家族でプライベートとして、純粋に「遊ぶ」ためにディズニーシーを訪れました。

実は、子供が誕生日だったのです。
別段、演出などは考えていなかったのですが、記念日ならではのサービスを尋ねるべく、舞浜駅からほど近い、インフォメーションセンターに立ち寄りました。


私「子供が誕生日なんですけど、何かサービスってありますか?」

キャスト「(子供に向かって)お誕生日おめでとう!!」
     「(私に向き直り)はい。記念品の贈呈などはございませんが、
      特定のレストランでは、お申し出によってバースデーケーキを
      お出しいたします。」

私「そうですか。ありがとうございます。」

キャスト「あと、こちらのシールをお子さまにぜひ貼ってください。
      『お誕生日の印』ですので、キャストが声かけてくれますよ。」


といい、名前入りのシールをくれたのです。


バースデーシール


すぐに、ミッキーの形にしたシールを洋服に貼り、エントランスへ向かいました。

すると、早速「○○ちゃん、お誕生日おめでとう!」と一人のキャストが声をかけてくれたのです。
それに呼応して、周りのキャストも同様に祝福してくれました。

突然のことに子供も一瞬動揺しましたが、嬉々として喜んでいました。
やっぱり、人に祝福されるのって嬉しいですからね(^-^)


そして、一日パークで過ごす間、ものすごい数のキャストに「おめでとう」の言葉をかけてもらったのです。

アトラクションやレストランの入口ではもちろんのこと、何気なくすれ違うキャストまで…。


何より嬉しかった出来事は、キャストに祝福される様子を見た、他のゲストの方々が一緒になって「ハッピーバースデー」を歌ってくれたこと。
さすがにちょっと恥ずかしかったですが、ディズニーならではの雰囲気と演出が成せる現象ではないでしょうか。



ショーやパレード、花火までも見て夜遅くに退出しましたが、出口で最後に出会ったキャストまでも「お誕生日おめでとう!」と声をかけてくれたのです。

自分の名前が書かれたシールを、初めは恥ずかしがっていた子供も、結局帰りの電車でも剥がすことを拒み、家路についたのでした…。




サービスレベル評価(最大☆5つ)
   かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


東京ディズニーリゾートでは、ファミリー層をターゲットにしたサービスを数多く展開していますが、思い出に残る記念日を演出する、とてもきめ細やかなアイデアではないでしょうか。

やはり、人に祝福されるのって、嬉しいものですよね。

特に、子供にとっては素敵な衣装を着たキャストから、笑顔で「おめでとう」と言ってもらえることは、夢のような心地に違いありません。

もちろん、初対面の人からいきなり名前を呼ばれるわけですから、初めは恥ずかしさととまどいがあるものの、それに慣れてくるとある種の心地よさになってきます。


今では、多くのお店で誕生日ならではのサービスを、提供していますね。

・誕生日記念品を贈呈
・従業員一同で歌を歌ってくれる
・記念写真を撮ってくれる
・バースデーケーキのプレゼント
・誕生日割引サービス

などなど…。
ここで、記念日のサービスとして大きな要素となるのは、


『サプライズ』


でしょう。
いかにして、当の本人が驚くような演出ができるか。
また、そのサービスを受けることによって喜び、思い出として記憶にとどめてくれるか。

さらに大切なことは、


『きっかけづくり』


です。
誕生日自体を知ることはもちろん、その演出をどこで仕掛けるのか、どのような形で祝福のタイミングを与えるのか。

もちろん、誕生日の把握は本人の申告がないと成立しません。

ただ、その入手を優先するために、あらゆる手段を駆使することも一長一短です。
個人情報の関係もありますからね。
かえって知って欲しくない、という人もいます。


一日で数万人以上の入場者があるディズニーでは、記念日などの情報は個々の申告に頼らざるを得ません。

そのかわり、演出の時期は「一日中」となり、タイミングは「いつ訪れるかわからない」ものとなるのです。


まさに『常に祝福される可能性がある』ということです。


また、素晴らしい点は、全てのキャストがその意識を心がけているところ。

サービスを受ける側から考えれば、多くのキャストから祝福された印象が強く残りますが、そのウラには常にそれを意識しているキャストの姿勢が存在します。

いかに徹底されているかが分かりますね。


子供が喜べば、ご家族も当然喜びます。
ファミリー層をターゲットとした、サービスの好例ではないでしょうか。




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『無敵』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。