お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2008年01月21日

とあるカーショップの対応

以前に、こんなことがありました…。



私は少し古い車を所有しているのですが、そのため日々のメンテナンスや修復は欠かすことができません。

ある日、大事なお客さまを乗せている最中、なんとその車の調子が悪くなってしまったのです。


なんとか、目的地まではたどり着いたのですが、明らかに機関部の故障。
いつもお世話になっているショップに連絡したところ、緊急で手が離せないため、別のショップを手配してくれました。

もちろん、いつものショップは非常に親切で、群馬県から都内まで高速道路を飛ばしてメンテナンスに来てくれるほど。

しかも無料だったり…(>_<)



で、その時は初めてのショップの対応。
現場から最寄りだったので、ものの10分くらいで来てくれました。


車をジャッキアップし、主要箇所をチェック。
そして、応急処置。

さらに、影響を与えた可能性のある箇所をチェックし、交換。
ある程度の想定内だったので、「あ、そんなものか」といった内容の修繕でした。


なんとか、問題なく動くようになったものの、思った以上に高額の料金を請求され、後日振込みすることにしました。

たとえ高くとも、現場までわざわざ来てくれたことと、短時間で作業を終えてくれたことに、その時は納得していたのですが…。



後日、いつもお世話になっているショップで経緯を話したところ、


「ちょっと、それは高すぎますね…」


という言葉。
要するに、足元を見られて上乗せされていたのでしょう。

もちろん、ユーザーとしては修理費や工賃、サービス費などは後から聞かされるもの。
修理してもらった後、金額を聞いて「やっぱり止めます」とは言えないですからね…(T_T)



非常識なほどの高額ではありませんでしたが、支払うに抵抗の無い程度の上乗せをしているところに、かえって不信感を覚えます。

実は、このショップは非常に有名で、とても展開しているところ。
私の近所にもあります。

ただ、二度とお世話になることは無いと思いますが…。





posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『我慢』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

また…ドタキャン…。

今日も1件…(T_T)


ご予約のやり取りの中で、繰り返しの確認を行って念を押してはいるのですが…。

もちろん、他のお客さまへの影響もあります。
当然、数字にも影響しますよね…。


ただ、このような出来事があると、ほんの一瞬ではありますが、

『人間不信』

にもなってしまいます。


普通にご予約いただいても、

「またキャンセルされたらどうしよう」
「キャンセルされないようにするには…」

といった考えがよぎります。


これは、よくありませんよね(>_<)
やはり、基本はお客さまを疑わないことです。

逆の立場であれば、当然ですよね。

初めて予約したお店で、そのような考え方をされたり、店員さんから疑いの目で見られるのは、いい気持ちがしないはずです。


でも、私だったら電話一本くらい入れますけどね…。
そのとき難しい状況であれば、最悪メールでも。



もちろん、キャンセルを防ぐ方法はあります。

ただ、キャンセルをできないシステムには、予約もしにくいもの。
キャンセルできるという逃げ道があるから、ゆとりをもって予約できるようになります。


そうです。
今日の方もそうかもしれません。

来る途中で事故に遭ったのかもしれません。
急病で寝込んでしまったのかもしれません。

そうなったら、連絡どころではなくなるでしょうね。
そして、また時間をおいてご来店くださるかもしれません…。


ですので、一応メールは送りますが、強い文章はなるべく避けます。
またお気軽にご予約くださいと…。

ただ、悪意がある場合は別です!!
もう二度と来て欲しくない場合は、はっきり伝えますけどね…。



う〜ん。

まあ、ゼロにすることは難しいですが、また対策考えることにしましょう(^-^;)



posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ■ ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

巻き爪

このところ、急増中…。

『巻き爪』

です。


男女問わず、多くの方が悩んでいらっしゃいます。
足の爪がジンジンするかと思いきや、気が付くと爪の両脇が皮膚に食い込んでいる…(>_<)

そもそも、足に対する意識は薄くなりがちです。
一番遠い場所でもありますし、目に見えないところでもありますし。

ただ、だからこそより意識をしなければいけない場所なのです。


足に対する悩みは、従来女性が抱えるものだという認識でした。
ただ、靴や職場環境を含め、男性にも影響が及び、陰ながら悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

特に『巻き爪』というものは人にも相談しづらく、自分での対処法も不明ですので、結局は自己処理で悪化させてしまったり、気づいた頃には症状も進んでいることもしばしばあります。



ここで、巻き爪になる要素をまとめてみたいと思います。
これらの要素を把握し、あらかじめ意識していくことで、巻き爪の予防にもつなげることができます。


○ 深爪をしない

巻き爪の一番の要素です。
爪を深く切ってしまうと、爪の生え方に影響が及び、巻き爪になりやすくなります。

○ 幅の狭い靴やハイヒール

爪も皮膚の一部です。
外からの影響は少なからずあります。なるべく足に優しい靴を履くようにしましょう。

○ 体重の増加

足は全体重を支える、重要な役割を担っています。
爪は薄いもの。体重が大きいとそれだけ負荷が増え、巻き爪になりやすくなります。

○ 重心が偏るスポーツ

足の親指や一箇所に負荷が集中するようなスポーツは、巻き爪の要素となる可能性があります。
ただ、そのようなスポーツをしていないときに、足に優しい環境を作ってあげることで、ある程度の回避をすることが可能になります。

○ 遺伝的要素

爪というものは、本来平らなものではなく、ある程度のカーブがついているものです。
そのカーブの度合いが強いかどうかで、巻き爪になる要素も変化してきます。
遺伝的な要素や体質などでも、巻き爪になりやすい方もいらっしゃいます。

○ 爪白癬

一般的には「爪水虫」と呼ばれていますが、爪に水虫の菌が入ることによって、生え方に変化がでてきます。
爪自体が厚くなったり、もろくなったりするものですが、その影響で巻き爪になる方もいらっしゃいます。



…と、いうところですね。
一般的にはまだまだ認知度は低いですが、足爪のキワに鈍い痛みや、腫れが出てくるようであれば黄信号です。

まずは爪を伸ばすことを目標に、靴などの環境を意識してみてはいかがでしょうか。


特に、接客・サービス業であれば、日頃から立ちっぱなしなどで、足にかかる負担は大きいものがあります。
足のマッサージやフットケアなどで、定期的に労わってあげることも、たまには必要だと思います…。


posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。