お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年12月19日

とある雑貨ショップにて

からっぽ陳列棚

この写真、分かりますか?


そうです。
商品の陳列ケースです。

このエリアは文房具のコーナーでしたが、おそらくここには封筒や手紙、用紙類などが並ぶ予定だったのでしょう。


しかし、周りの様子からすれば、棚卸しでもなさそうです。
また、レイアウト変更や商品の補充途中でもなさそう…。


これは、大きなチャンスロスになります。


混み合った営業時間において、商品が陳列なされていないということは、そのエリアが無いに等しいものがあります。

また、このような様子を目にしてしまうと、お客さまからの印象もマイナスになってしまうでしょう。

・商品の補充はされないのかな…。
・発注のミスでもしたのかな…。
・不良品がたくさんあるのかな…。
・作業を途中で投げ出しているのかな…。
・商品をあまり売りたくないのかな…。

さまざまな感想をもたれると思いますが、それは決してプラスではないはずです。


もちろん、それなりの事情はあるのだと思います。
仕入れや配送などの関係で、商品が無いのであれば、その旨のPOPなどを掲示しておくべきです。

お店によっては、そのような欠品を、POPの掲示でむしろプラスに転じているところもあります。


また、陳列ケースや棚割りを工夫することによって、見た目にボリュームを演出することも可能でしょう。

同じ商品点数だったとしても、「ゼロ」の場所をなるべく作らないような陳列で、見た目の寂しさを回避するのも一つの方法です。



また、店内で欠品の棚を数多く見かけると、「このお店、閉店するのかな?」とも考えてしまいます。

お店を経営していて、お客さまにそのように感じて欲しくないものですよね…。


商品の発注と補充、そして陳列は計画的に行い、場合によってはPOPを有効に使いましょう。


そして、さらに大切なことは、そのような売場の状況を把握するべく、管理者はチェックを怠らないことです。

発注や陳列などのシステム面だけでなく、従業員個々の意識がこのような事態を防ぐポイントになります。

上長は、常に売場を把握し、従業員とのコミュニケーションをもって、意識を高める努力をすべきでしょう。
そうすることによって、チャンスロスを最小限にし、売場の活性化を演出することができるのです。





posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『崩壊』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。