お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年11月24日

ルーヴル美術館の裏方

『パリ・ルーヴル美術館の秘密』


という映画を見ました。
少し前のものですが、ルーヴル美術館の裏方にはじめてカメラが入り、1200人に及ぶスタッフの働く姿をまとめた、長編ドキュメンタリーです。

苦手な方には、退屈この上ない作品かもしれませんが…(>_<)


BGMもほとんどなく、セリフもほとんどありません。
登場人物はスタッフのみなので、オジサンとかばかり…。

でも、1週間かけても回りきれないといわれる美術館の裏方で、何が行われているのか、非常に興味深く観ることができました。

主に、リニューアル後の開館に向けての準備でしたが、さすがに扱うものが世界的な美術品ばかりなので、スタッフも熟練の職人ばかり。


○ 学芸員
○ 清掃スタッフ
○ 郵便配達係
○ 音響調査員
○ 作品修復係
○ 作品リスト保管係
○ 接客フロア担当
○ 額縁修復係
○ 作品展示スタッフ
○ 作品説明プレート作成職人
○ 写真家
○ 照明係
○ 消防係
○ 救命救急担当
○ 警備員
○ 在庫美術品管理担当
○ 美術品買取スタッフ
○ 料理人


などなど…。
他にもっともっといるのでしょうが、「え!?そんなことも?」という仕事をしている風景は、世界の美術館ならでは。


一点がものすごい金額の美術品を、フォークリフトで運んだり、2人の職人さんが「よいしょっ」て感じで無造作に運ぶ様子は、見ているほうがハラハラします…。

ただ、熟練の職人さんたちがそうしているということは、長年の経験の中で、それが一番安全でかつスピーディな方法なのでしょうね。


特に展示のレイアウトについては、ルーヴル美術館ならではのこだわりがあり、何十万点もある所蔵品をなるべく多く展示し、来館者を飽きさせないようにしているそうです。

ちょうど、ドン・キホーテの圧縮陳列に近いものがあるのかもしれませんね。
微妙に意味合いが違うかもしれませんが…(>_<)

1時間半の時間では、広範囲に表面的な紹介程度になっていますが、裏方を映したものとしては、とても貴重だそうです。


美術品を素手で気軽に扱っていたり、掃除機で「ガーーーーッ」って直接作品を掃除したり、立派な額縁入りの絵画を片手に一つずつ持って歩いていたり、普通に歩いている通路の脇に、教科書にも載っているような有名な彫刻があったり…。

意外と裏方を見てしまうと、面白い反面、ちょっと残念な部分もあったりするものですよね。


私が働いていた、ディズニーランドやアミューズメント施設などもそうかもしれませんが…。

まあ、訪れたお客さまをオモテ面でいかにもてなすか、といった目的のための裏方ですからね。
そのような人たちがいるからこそ、お客さまは楽しむことができ、夢を見ることができるのです(^-^)




posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ マネジメント術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。