お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年11月17日

お客さまの満足とは

私は、小さなフットケアサロンを営んでいます。
このようなお店において、お客さまの満足とは何を指すのでしょうか。


 

もちろん、お客さまは技術を求めてご来店くださいます。
最高の技術は間違いなくお客さまを満足へ導くことができるでしょう。


 

また、お客さまとの会話も満足につながります。
悩みや体調などをうかがい、それに対して持っている全ての知識で回答する。


 

私たちのような技術者は医師ではありませんので、「診断」はできませんが、お客さまの悩みに対してのアドバイスなら可能です。


 

日常生活で気をつけるべきことをアドバイスし、貴重な情報を入手することができたお客さまは、きっと満足してお店をあとにすることでしょう。


 

さらに、お店で受けるサービスからも満足が得られます。


 

思いがけないプレゼントや、心のこもったサービスは、お客さまに感動を与え、再来店につながる可能性は飛躍的に向上します。



 

簡単に挙げれば、これらの要素は全てお客さまの満足につながりやすい要素といえるでしょう


 

ただ、これらを完璧にこなしていれば全てのお客さまが満足するかといえば、そうではありませんよね。


 

あなたがお客さまの立場でお店に足を運んだ時、どんなことが満足につながりますか?



 

…すぐに答えは出ませんよね。



 

ズバリ即答はできないはずです。



 

なぜならば、



 

満足の度合いは人それぞれ異なりますし、日時、天候、体調、精神状態などによって常に変化するからです。



 

お店側としては、それらのあらゆる状況を読み取り、個々のお客さまが何を満足として求めているのかを察知する力が必要なのです。


 

とても難しいことかもしれませんが、これも『慣れ』です。
訓練を繰り返すことで、自然とお客さまが求めているものを察知することができるようになります。



 

いかがでしょう。



 

「あー、気持ち良かった」
「あー、おいしかった」



 

という言葉に一喜一憂していてはいけません。
その裏には、カッコ書きで「(だけ)」という言葉がくっついているかもしれませんよ…。






 

posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ サービスの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。