お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年10月25日

タバコについて

接客・サービス業に従事されている方のなかでも、愛煙家の方は多くいらっしゃるでしょう。

私の周辺でも存在します。


みなさんは、タバコを吸った後の処理はどのようになさっていますか?

休憩時間や食事時間などで一服して、担当フロアに戻ります。
吐く息はもちろん、制服や髪の毛などにもニオイは残っていますよね。


まさか、そのままということはないでしょう…。


以前の記事にも書きましたが、私は、部下から休憩後にタバコのニオイを一瞬でも感じたならば、絶対に現場には立たせません

各自でニオイ消しなどを持参しているので、それらで徹底して消臭して再チェックします。
ダメなら、再消臭。


このようなやりとりは、当初は面倒だったり、反発があったりするかと思いますが、徹底して繰り返していくことで本人の意識も変わり、それに伴ってお店の雰囲気も必ず変化します。

もちろん、管理者である本人がニオイプンプンでは、話になりませんが(>_<)


神経質なくらいで丁度いいのです。
いや、まだ足りない場合もあります。

接客・サービス業に従事するのであれば、できれば『禁煙』が理想

難しいようであれば、『分煙』を徹底すること。そして、上記のようなチェックを徹底することです。


「そこまでしなくても…」

という考えは、管理者クラスであるならば直しましょう。

タバコを吸わない人は、そばに近づくだけで、一瞬にしてタバコのニオイを感じ取ります。
たとえ吸っていたのが、かなり前の時間帯であっても。

吸っている人には、多分理解できない感覚でしょう。
そして、それを不快と感じる方も多いのです。

もちろん、口臭の原因となることもよく知られていますよね。
これは、「タバコのニオイが残るから」ではなく、「雑菌が繁殖しやすい環境になる」ということです。


あくまでも、タバコは嗜好品です。

法律に則った範囲内であれば、吸うことに問題はありませんが、「お客さまと接する」という大前提を忘れることのないようにしましょうね。

posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 身だしなみとマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。