お越しいただき、ありがとうございます(^▽^)/
いろいろな街にあふれるサービスを紹介し、評価しているブログです。
(あくまでも主観です。感じ方には個人差がありますので、
ご了承のうえ、お読みくださいませ…)

サービスやお店について、疑問を感じたときの力になれると幸いです。
〜 サービスのブログといえばココ!といわれるように頑張ります! 〜

現在アメブロより引越し作業中です。
お見苦しい点もございますが、しばらくご了承ください…(_ _)
 

2007年10月23日

ドライブインシアターが…。

どんどんなくなり、あと1ヶ所になるそうですね。

一時代を築いたものの、シネコンなどの時代の変遷に流されていくみたいです。


確かに、映画の選択肢が狭く、映画館の音響に比べると見劣りがして、停める場所によってはスクリーンも見えづらいという欠点もありましたが、プライバシーの確保と利便性は、一般の映画館にはないものでした。

わずかに営業する大磯のドライブインシアターでは、ファミリー向けのサービスや無料解放などの集客で、維持を図るそうです。


一時は、テレビ・ビデオ全盛で、映画全体が斜陽となり、映画館が軒並み無くなっていきましたが、それから時は流れてシネコンという新しい形で客数の取り込みに成功してきています。

私が映画の世界を目指していた頃は、まさにビデオの流れが世間に強く、学校の映画科は比較的小さな存在でした。募集人員もテレビ・ビデオ科の方が3倍近くあったものです。

しかし、その頃から強い信念を持って映画に取り組んできた人たちが、現在栄えつつある日本の映画界を支え、見事にフィルムの復活を成し遂げているのも現実。


ドライブインシアターというのは、あくまでも鑑賞するための手段にすぎませんが、映画の発展において時代の一部に息づいたことは確実で、できれば今後も形を残してもらいたいものですね。

フィルムレンタルも高額で、管理も大変です。

DVDなども定着してきていますので、時代の流れに合わせた、新しい形のドライブインシアターができても面白いかもしれません…。

posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ■ ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

とある中古車屋にて

車が…動かなくなりました(T-T)


少し前の出来事ですが、お客さまにもご迷惑をおかけしてしまい、とてもブルーな一日になってしまったのです…。

しばらくの間、車の利用ができないのと、多大な修理費を覚悟しながら、泣く泣くお世話になっている車屋に連絡。

「ああ、今後の仕事もキャンセルしなければならないかも…」と思いながら。


しかし、そこでサービスの神髄を見ました
 

いの一番で飛んできてくれたのです。群馬から。
ちなみに動かなくなった場所は東京の世田谷。

私のお客さまに影響を与えまいと、台風の近づく雨の中、ずぶ濡れになりながら、不安定な場所でとても迅速に修理をしてくれました。

しかも、なんと費用は無料!!

高速を飛ばしてきてくれたので、せめて高速料金だけでも、とお願いしましたが、丁重にお断りされ…。


私の所有している車は、少し特殊で、一般のディーラーでは取扱いが難しい車種です。
いわゆる「クラシックカー」に入ると思います。

都内や首都圏近郊でも取扱店はあるのですが、その店で購入を決めたのは「サービスの質」にありました。

特殊な車を取り扱っているのですから、その技術や知識はもちろんですが、店員の方々の挨拶や対応一つとってみてもいわゆる「ごまかし」のような空気がありません。

お店ですから、当然利益などのお店都合の要素がどうしても滲み出てきますが、このお店にはそれを感じさせるものがありませんでした。
もちろん、そのような思惑はあるでしょうが、表面に出さないような教育が行き届いているのだと思います。


サービスレベル評価(最大☆5つ)
   星星星星星


その日、直後の仕事が差し迫っていた私は、近日中にお店に必ず伺う旨を伝え、足早に仕事に向かってしまいましたが、プロとしてのレベルの高い仕事とお客さまへの心配りを、まさに目の当たりにしたのです。

このような業種であれば、顧客満足の第一歩は紛れもなく「技術の向上」にあるでしょう。

しかし、高い技術を提供しているお店が繁盛しているかといえば、必ずしもあてはまらないのも現状です。

このお店では、主力商品はあくまでも「車本体」と「メンテナンス技術」です。ただ、私が感動を覚えることができた点は、それらの要素に限ったものではありません。

「迅速な対応」「私のお客さままでも意識する気配り」「修理費用は無料」など…。

あくまでも、目に見える部分ではこれらの要素ですが、遠方の店舗で交わされたであろう打ち合わせや、修理に必要な最低限工具などの選択、天候に左右されない高い技術などは、オモテに表れなくとも目に見えない努力の積み重ねがあってこそ、提供できるサービスだと思います。

技術向上や笑顔、電話対応など「目に見える要素」のみを追求するのではなく、それらの根底にあるあらゆる仕組みや教育、自己啓発などを含めたレベルアップを図って、はじめて高い満足につながるのではないでしょうか。

posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ◆ 『無敵』のサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

身体の回復力について

体調を崩しました。


20日深夜の時点で40度の発熱
前日の夜更かしと、ちょっと行き過ぎたお酒でしょうか…(>_<)

胃の気持ち悪さと、全身の痛み、発熱によるだるさなどがありましたが、仕事なども手を離す訳にいかず、何とか乗り切ることにしました。

手持ちの薬とポカリスウェットを摂り、厚めに着込み、とにかく寝ていました。


のどが渇いたら、すかさずポカリ。
食欲はわかないので、とりあえずポカリ。

体調の具合からして、大したものではないだろうと思ってはいましたが、さすがに熱が出てからはボーっと…。

これで、全身の痛みが強ければ帯状疱疹や、内臓の状態が悪ければ胃腸系の疾患などの可能性もあり、あと1日続くようならば、潔くすぐ近くの大学病院に行く覚悟でした。


そして、丸2日。


体調はほぼ回復。
おそらく、疲れやストレスと風邪が混在したのかなと。

まだ余談は許しませんが、ほとんど元気になり、健在の回復力にほっとしているところです。

私自身は、病院通いを否定している訳ではありませんが、比較的最終手段と考えています。
もちろん、今までにそれで後悔したこともあり、その都度勉強が必要と痛感してますが…。

それよりも、一番はそうならないように日頃から管理しておくこと

休む時は休み、息を抜く時は何もしない!

メリハリが大切だと改めて痛感します…。

posted by さくらrock at 00:00| Comment(0) | ★ 体調管理について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。